Desperado ~風の吹くまま 気の向くままに~詩人のお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

詩人のお話

フレにシェイクスピアの詩を紹介してみたら

「わっかんね、しらね」と言われました まる

世の中に名言や格言ってのは星の数ほどあるけども
その時代ごとに見られる背景だったり情景ってのは深いもんで
まぁそうそう現代ばかりを意識していると理解に苦しむ詩というのも多いもの。

今時ニーチェのように
「神は死んだ!」なんて言ったってあまり実感も共感もないだろうし。

日本語の詩ってのは表情が豊かで
俺、私、自分、僕、手前等々
自分自身を指し示す言葉も単語一つで表情を変える

英語だと大抵が 「I」だったり「~~~ me」 だったり。
ただ英語の詩ってのは簡潔だったりするけど
また違った深さがあるものも多いから
見えている一面から読み取れる言葉の意味だけで解釈しようとすると
詩っていうのはいつまでも理解できないものだったりする。

スカイププロフのコメントによく自分の詩やら好きな詩やらを書き連ねてるけど
ニーチェとかキケロとかあんまり書かないけど
割と好きではある。

言葉って不思議なほどに魅せられる。

スポンサーサイト
category
日常

Comment

Trackback

http://psyber0223.blog130.fc2.com/tb.php/197-190f8af7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。